珈琲*ときどきアールグレー

earlgrey11.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 13日

フィールド オブ クラフト倉敷 8

11日、小雨が残る中、友人と二人で、倉敷まで車を走らせ、毎年の楽しみ

「フィールド オブ クラフト 倉敷」に行ってきました。思った以上に早くつい

て、芸文館の地下駐車場に入れ、ラッキー(*^_^*)出展者と間違われる

ほどの早い到着(^_^;)人通りのない、美観地区をちょっとだけ散歩。

会場のポスターパネル↓↓↓
b0283986_18133699.jpg
b0283986_18144569.jpg
おもむろに芸文館の広場にもどり、もう、大興奮!!一番は何と言っても、

食のブース。ブーランジェリモンシェリーの天然酵母パンを買い、サンドイッ

チとエスプレッソ、で朝食?おやつ?腹ごしらえをして、お目当ての作家さ

んのテントめぐり。どこを見ても欲しいものばかりでした。昨年はあれほど木

工作品のトレーや皿を欲しがり、気に入るものを探し求めたのに今年は「木

のカトラリー」  いつもの独特のスタイルでとっても優しい笑顔の山本美文

さんの「木のスプーンとフォーク」を見に行きました。
b0283986_11709.jpg
他の木工の方も木のカトラリーをたくさん出展されてました。
b0283986_1173332.jpg
b0283986_1175821.jpg
b0283986_11141161.jpg
b0283986_1119237.jpg
パンフレットに書いてある言葉。「掌から生まれるかたち」毎日使っていても飽きない、さりげなくて、温かみのあるクラフト作品。生活者の目線から生み出されたモノたちは、主張しすぎず、繰り返し使うことで本来の美しさが表れてきます。手でつくるというものづくりの原点に立ち返ってクラフトの魅力をつたえたい、とある。本当の豊かさを見つめなくては・・・。

こんな風にワークショップで作って楽しむのが良かったかもね。
b0283986_11171378.jpg
b0283986_11183192.jpg
すべてのブースをぐるぐる何度も見て回り、友人も尾崎悦子さんの「判子」

を買っていました。
b0283986_11224280.jpg
b0283986_11243099.jpg
ものづくりをする人たち
b0283986_14583715.jpg
b0283986_14592178.jpg
b0283986_145949100.jpg
もう一つのお目当て「アチブランチ」に行きピザでランチ。
b0283986_1525763.jpg
後はもう!大好きな倉敷意匠の実店舗のここで、ささやかに買い物をしまし

た。雑貨好きの友人と二人興奮状態!ここを後にし、平翠軒~如竹堂~蟲

文庫~夢空間はしまやを友人に案内しました。三宅商店は素通り。
b0283986_18164882.jpg
b0283986_18194884.jpg
b0283986_18205920.jpg
b0283986_1824340.jpg
b0283986_1826979.jpg
b0283986_1827434.jpg
そして帰り際、もう一度芸文館広場にもどり、心残りのないようにぐるっと

一回りして帰りました。写真はいっぱい写しましたが、「木を見て森を見ず」

の私(ことわざの使い方が違う気がする!)会場全体の活気あふれる写真

は一枚もありません。やれやれ!どこに行ったん?どんな事しよるとこ?

って思った方は来年行ってみてください。
b0283986_15241152.jpgb0283986_15242860.jpgb0283986_15251718.jpgb0283986_15255239.jpgb0283986_15273970.jpgb0283986_1528543.jpgb0283986_152714100.jpgb0283986_1529228.jpgb0283986_15292838.jpgb0283986_18311457.jpgDさん!膨大な数の写真は家に見に来てね・・・載せきれない!

私の写真のコラージュ↓↓↓
b0283986_10302914.jpg

[PR]

by sachi5-B | 2013-05-13 08:54 | お出かけ


<< 乾杯!      ピエール・ドゥ・ロンサール >>