珈琲*ときどきアールグレー

earlgrey11.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 17日

はつかいち美術ギャラリー~湯来・麦浪

nonさんに廿日市市・はつかいち美術ギャラリーで開催されている「武永槇雄展」のチケットを頂いたのでさっそく、行って観ました。廿日市市は桜が市の花?正面のガラス扉にも、階段の一段一段にも桜がデザインされてました。
b0283986_17165381.jpg
美術作品の展示がとってもおしゃれ!
b0283986_1719132.jpg
備前焼の陶板「海と風」人間国宝・金重陶陽の三男・金重晃介作
b0283986_17193184.jpg
武永槇雄の作品で好きな「炎」「追憶(原爆五十年)」がなかったのが残念だ

った。老年期に描いた、郷愁の作品群より、彼が30歳代~40歳代の昭和

20年代~30年代の作品が好きだった。静物だったり、人物だったりするが

静かな中に表現したい!というエネルギーや絵を模索している感じが絵の

中にあふれていると感じた。若い時の絵、仏像群の絵、郷愁の絵とこの画

家は絵の傾向が年代によって、すごく変化する。見ごたえがあった。

帰りに、せっかくここまで来たので「久保アグリファーム」でソフトクリームを

食べようと、ちょっと寄り道、湯来まで行った!
b0283986_17452387.jpg
ジェラートは今度にしてソフトクリームを頂きました。ミルクの味が濃厚
b0283986_17464275.jpg
牛舎の牛さんはお食事中
b0283986_174712100.jpg
放牧の牛さんもお食事したり、私をじろりと一瞥
b0283986_17481319.jpg
いい味出してるミルクの缶
b0283986_17485856.jpg
b0283986_17524513.jpg
b0283986_17562779.jpg
ストローベリーキャンドルが咲いていてかわいい!
b0283986_17575274.jpg
雑貨屋さん
b0283986_1758542.jpg
b0283986_17591795.jpg
アルトピアーノの帰り「麦浪」でお茶。話しているうちに、なんとここの方の義

姉さんと私は昔、一緒に仕事していたことがわかった。お店の名前の由来

をお聞きして、納得。5月のころ、麦畑の麦が風に揺られているさまを

「麦浪」と言うそうだ。26年前の5月、麦浪のころ開店されたという。

自家製パンのため麦を作っておられるとのこと、麦刈りに来てくださいと

誘っていただいた
b0283986_1804370.jpg
b0283986_182177.jpg
この方面、Dさんと散策しに行こうと約束しているので、また、近々来ること

にしてお店を後にした。寄り道のつもりが遠出になった。
[PR]

by sachi5-B | 2013-05-17 08:10 | お出かけ | Comments(2)
Commented by at 2013-05-17 12:33 x
初夏の牧場、なんて気持ちよさそうなの!!写真見ているだけで深呼吸したくなります。牛さんからちょっと離れた所でね。雑貨屋さんも素敵ですね。
Commented by sachi5-B at 2013-05-17 17:01
☆千さん
気持ちよかったよ!草原に座り込みたかったんだけど
白のパンツ着てたので、ベンチに座って…
ソフトクリームが超おいしかった!


<< 与勇輝展とひろしまジン大学ggm      暮らし方 >>