珈琲*ときどきアールグレー

earlgrey11.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 11日

石内都

新聞に映画「ひろしま 石内都・遺されたものたち」が8月に広島で公開され

ると書いてあった。2008年広島現代美術館で開催された「石内都展 ひろ

しま Strings of Time」がカナダでも開催されてその個展に密着した映

画と書いてある。ホーグランド監督、宣教師の娘として京都で生まれ、中学

まで防府市などで育ったとのこと。
b0283986_1242183.jpg
この記事を見つけたとき、偶然、「薔薇のパルファム」という本を読んでい

た、その名の通り、薔薇の香りについての本。ページのはじめに、なんと、

石内都が写した薔薇の写真が・・・。石内都らしい写真。そう、きれ~~な

薔薇ではない。枯れそうな薔薇。美しさの絶頂期を過ぎ枯れゆく、朽ち行く

薔薇の声が聞こえるような写真。最後まで薔薇がうつくしい!

「ひろしま」の写真集でも原爆で亡くなった人が身に着けていたであろう洋

服などを写してある。そのワンピース、ブラウスは焼けぼろぼろだったり、

古着なのだが、今、見ても、センス良く、石内都のカメラを通すと、不謹慎

かもしれないが、まるで、モードなC des Gの服のように見えたりする。

そこに、その当時の人々の日常生活があって、手作りであろう、洋服たち

が石内都の写真を通して着ていた人たちやその生活を想像させ、いっそ

う、原爆の悲惨さを静かにかつ強く、訴えかけてくる。その日、祖母は何

を着ていて、どこで亡くなったのか?  なにもわからないままである。



石内都、好きな写真家です。
[PR]

by sachi5-B | 2013-06-11 08:07 | 映画


<< 日傘      歯が欠けた! >>