珈琲*ときどきアールグレー

earlgrey11.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 18 )


2017年 01月 08日

湯を沸かすほどの熱い愛

昨日は八丁座に映画を観に行来ました。映画音楽の作曲家、渡邊崇さんの舞台挨拶を聞きたくて、挨拶のある回に合わせて夕方出かけました。
b0283986_08553878.jpg

b0283986_08560240.jpg
愛溢れる母ちゃんを演じた、宮沢りえさんって凄い女優さんだなと、改めて思いました。
ポスターに、想像もつかない驚きのラストに涙と生きる力がほとばしる、家族の愛の物語と、書いてありましたが、ラストを見た時に、こう言うことかぁ!と、驚きつつ、泣けました。
音楽は私にはとても心地よく聴こえてきました。崇さんは映画音楽を作曲する時『この音楽を聴いた人がどんな気持ちになるんだろうと、考えて作る、共感する力を大切にして、映画音楽を作る』と、舞台挨拶で話されていました。
オススメの映画です。


[PR]

by sachi5-B | 2017-01-08 09:33 | 映画 | Comments(2)
2014年 12月 12日

インターステラー

友人のtobinokoさんが「まぁ~観てみんさい~」というので映画「インターステラー」をソレイユの「バルト11」

へ観に行きました。
b0283986_162117100.jpg


イオンモール・ソレイユには巨大なカープのマスコット、スラィリーがいました。年々、いろんな商業施設もクリ

スマスの飾付けがあまりされないようになった気がする。
b0283986_1730435.jpg




天気のいい日の昼間、映画に行くのは、もったいなくて、雨降りとかレイトショーに行くのが好きなので、昨日

の雨降りの日に行きました。tobinokoさんに勧められても「SFものは好きじゃない~」とメールで返事した

が、まぁ行ってみようか~と行ってみました。なんの予備知識もないままでしたが、唯一、tobinokoさんが

170分楽しめる~って言ってたので「はぁ~2時間50分~3時間か~こりゃ、飲み物控えなくっちゃ~」飲み

物なしで観ました。映画的には、なんの予備知識もなく、いったいどんなストーリーなのかと食い入るように観

ました。未来の地球は滅亡寸前で人類がどこかの星に住めるかどうか元宇宙飛行士だった父親が命がけで

探しに行くというストーリーかなぁ~(そんな単純なものじゃないと映画ファンに怒られそうですが、あくまでも

一言で言えばですが・・・)あらぁ!レ・ミゼラブルのアン・ハサウェーが髪はショートで宇宙飛行士?

映画に隠されてるテーマは父と娘の愛情と絆?愛は時間も距離も超える?私は人類の未来を救うのは科学

の力によるものだけではなくて人類の愛によって救える・・・かなぁと感じた。どんなに科学が発達した未来で

あろうと結局、人類には愛が不可欠であり、愛も不滅なんだろうなと思った。

音響がすごくて、私は宇宙船を操縦あるいは同乗している感覚に襲われた。映画館の椅子が震え、壁面が震

え、私の心臓が震え、このまま壊れるかと思うほどだった。時空とか重力、5次元、とかの感覚を映像と音響

で表現していて、クラクラしそうだった(私まで宇宙の果ての異次元、異空間に行ってきた感覚だった)

父は5次元空間から娘にメッセージを送る、娘はこの現象が父からのメッセージだと気づく、そこに父と娘

の強い絆、信頼、精神の結びつきを感じる。約3時間、本来、あんまり好きではないSFものがあっという間に

感動と共に、終わった。SF映画だ!って思って観ていた私ですが最後はそれこそ、涙あふれそうなくらいの感

動でした。ということは、この映画おもしろい!!ってこと~?

tobinokoさん!以上、私の映画・インターステラーのレビューです~♪と言うか、へたな感想です(^_^;)

       ※なにより、映画のストリーを知らずに観たのが良かった気がする~※

私が一番印象に残っているSFものは「猿の惑星」です。ラストシーンの自由の女神が倒れて壊れている滅亡

した地球の姿!まぁ~驚愕しました!今でも心震えます。

3時間飲まず食わずだったので帰りに「こふじもち」で「おはぎとコーヒーセット」(おもしろいセットだこと!)で

まったりしてまだ、滅亡してない地球に住んでる幸せを噛みしめながら美味しくいただきました(>_<)
b0283986_17371173.jpg


毎年、こふじもちでお餅を買っています。豆餅が特に美味しくて止まりません~ちょっと黄色のきび餅も好き

です。そして正月太りをして、もう、来年こそ餅は買わない!食べないようにする~と後悔を繰り返していま

す。この、お知らせ木札を見なかったことにしようかな~
b0283986_17372497.jpg

[PR]

by sachi5-B | 2014-12-12 09:00 | 映画 | Comments(2)
2014年 06月 09日

ぼくたちの家族

7日の土曜日に映画、「ぼくたちの家族」を観に行きました。nonさんの息子さんの崇さんが音楽で参加されて

いる映画。そして、日本アカデミー賞の優秀音楽賞をとって以来の凱旋舞台挨拶がありました。今回もいつも

のように上から下までキャピタルのファッションでした(多分!靴は絶対そうだと思う・・・)近い将来、きっと、海

外の賞もとるんじゃないかと思いました。一番後ろの席から写してちょっとピンボケ(^_^;)
b0283986_14293580.jpg
b0283986_14295062.jpg
映画はとても、いい映画で、妻夫木くんがいい演技してました。次男役の池松壮亮くんの演技も良かった。

NHKで前田敦子が時代劇「あさきゆめみし」の八百屋お七をやったとき、「え~ぇ、まえだあつこ~」と

期待もせず、なんとはなしに観ていた時の、吉三郎役が彼でした。好きな女優さんの市川実日子さんがキャ

ストに載ってたのでどこで出るんだろうと見てましたがワンシーンでした。

興行的には大入り!とは行ってないのか、客の入りが良くないのが残念でした。音楽はついつい、このシーン

には、この曲かぁ~と耳を澄ませて聞いてしまいました。エンドロールに流れる曲で、この家族は明るい希望

のほうに歩み出すんだと思いました。まだ、この映画を観てない方はぜひ!八丁座へ!!
[PR]

by sachi5-B | 2014-06-09 07:41 | 映画 | Comments(2)
2014年 05月 23日

ぼくたちの家族

「舟を編む」で数々の賞を総なめしにした、言わずと知れた、石井裕也監督の最新作「ぼくたちの家族」

24日、八丁座で上映が始まります。nonさんの息子さん渡辺崇さんが音楽、作曲しました。彼は「舟を編む」

で優秀作曲賞を受賞しました!石井監督の映画になくてはならない作曲家の崇さんです。映画の原作はずい

ぶん前に読みましたが、石井監督にどう表現されているのか、崇さんの曲がどんなふうに、流れるのか楽しみ

です。(と言っても、音楽に疎いのですが・・・)

6月7日(土曜日)に崇さんの舞台挨拶があります。舞台挨拶の時間は、まだ未定だと思いますが、新聞に載

ると思うので、時間を見て、みなさん!ぜひ!ぜひ!八丁座に足を運んでくださいね!
b0283986_15342318.jpg

[PR]

by sachi5-B | 2014-05-23 08:21 | 映画 | Comments(2)
2014年 02月 28日

映画

今日は朝からいい天気ですが、やっぱり霞んでいます。PM2.5でしょう

ね、花粉とダブルパンチ!気休めでもマスクをしなくちゃ!

昨日は遅まきながら、映画「永遠の0」を観に行きました。イオンシネマは閑

古鳥が鳴いておりました。だれも隣に座らないと思っていたのに、最悪の

カップルが隣に・・・。席移動しようにも、私は一番後ろの端っこに座っていま

した。コーラをストローでジュルジュル、そして彼女は、おぉ!これが噂の柔

軟剤のくさい香りかぁ!とまぁ気になる気になる。とどめはエンドロールでサ

ザン桑田佳祐の主題歌「蛍」が盛り上げてるというのに、映画の次はどこに

行こうかとスマホを出して検索。スマホのその光が台無しなんよ(ー_ー)!!

すすり泣いてる人もいるっていうのに・・・。久々、マナーの悪い人に遭遇!

映画と言えば又、また石井監督の「ぼくたちの家族」主演は妻夫木くん、4

月には公開予定、音楽は崇さん。そして映画「バンクーバーの朝日」も石井

監督で妻夫木くん主演、nonさんの息子さんが音楽です。崇さんの活躍の

おかげで、映画音楽をじっくり聴きながら映画を楽しむようになりました。

nonさんに「バンクーバー朝日物語」の本をいただきました。
b0283986_7534745.jpg
どんな映画になるんだろう。
[PR]

by sachi5-B | 2014-02-28 07:57 | 映画 | Comments(0)
2014年 02月 17日

リトルダンサー

去年、BSで映画「リトルダンサー」を見た。すごく面白くて録画したまま残し

てある。ローザンヌバレーコンクールで松本市の男子高校生が一位になっ

たニュースを聞いた時に、すぐにこの映画のことを思い出した。

cafe de hanaeの壁に飾ってあるバレーシューズ
b0283986_1894177.jpg
昨日、Eテレでその二山君がコンクールでクラシックとコンテンポラリーを踊

っているのを放送していたので見た。クラシックでもコンテンポラリーでもそ

のダンスはしなやかで、伸びやか、かつ、力強かった。

映画のビリーとダンスのジャンルは違う?が二山君のニュースを聞いて、私

は映画のように二山君が今後バレーダンサーとして成功していくだろうなと

思った(映画のストリーとは違いますが・・・)

私は映画の中で、白鳥の湖の曲がかかって成長したビリー役のアダム・ク

ーパーがマシュー・ボーン演出の「スワンレイク」の舞台に出て行くところで

鳥肌が立ちました。ストーリーは私のヘタな解説!?より映画で楽しんでく

ださい。その映画「リトルダンサー」が今日、17日夜、BSでまた放送され

る、お薦めです。(映画館で見てないのが悔やまれる)

マシュー・ボーン演出、アダムクーパー主演の「スワンレイク」のDVDを

ツタヤで借りて観たい!!

[PR]

by sachi5-B | 2014-02-17 07:59 | 映画 | Comments(0)
2014年 01月 20日

日本アカデミー賞

快挙!! 日本アカデミー賞音楽賞に「舟を編む」の渡邊崇さんが選ばれ

ました。そうです、友人のnonさんの息子さんです。nonさんから息子さん

のCDをもらっちゃてる私、改めてまた、聞き返してみました。
b0283986_10235068.jpg
音楽のことはさっぱりわかりませんが、だんだん洗練されてきたような気が

します。コマーシャルの曲は流れてくるとあっ!と思って聴くことがあります。

みんなが聴いたことがある曲があれや、これや、沢山あるんですよ。映画

音楽はメジャーな映画ばかりではないけどこれまた、沢山作曲しています。

3月7日には各部門の最優秀も選ばれ、T・V中継もあるはず、「舟を編む」

のチームで同じテーブルに座るはずだから、きっと写る!音楽賞の発表も

中継されるかな?いったい、どんな服で登場するんだろう、服もメガネも

キャピタルのようですが、授賞式の服装が楽しみって(>_<)・・どうよ!

おっと、その前に25日(土)から横川シネマで大竹しのぶ主演の映画「女た

ちの都」が上映されます。もちろん、音楽は渡邊崇さんです。みなさん、観に

行きましょう!

日本アカデミー音楽賞、本当に快挙だ!おめでとうございます!!
[PR]

by sachi5-B | 2014-01-20 08:48 | 映画 | Comments(2)
2013年 12月 19日

利休にたずねよ

映画「利休にたずねよ」を観に行きました。ず~~っと楽しみにしてました。

海老蔵?それもあるけど団十郎です。最後の映画出演ですから・・・。

でも、本当は原作が好きでした。この本面白くて面白くて・・・。

私には本の中の利休が確実にいるので、映像化されたものを観ると、「え

ぇ、私が感動した利休はどこへ?」
b0283986_8421215.jpg
いつも、原作本がある映画を見るときは「本は本」「映画は映画」と別物で観

ようとしてるんですが・・・この映画、海外でなにか賞も頂いたそうです。

もう一度本を読みたくなりました。
[PR]

by sachi5-B | 2013-12-19 08:45 | 映画 | Comments(0)
2013年 12月 09日

世界一美しい本を作る男

サンフレッチェ、2連覇おめでとう!やはり、ミサンガ効果があった!これ

で、私はミサンガの祈りを信じる。

そんな日に実はT・Vは録画で、なにを置いても行ったのは映画。そうです待

ちに待っていた「世界一美しい本を作る男」とにかく初日に観たかった。

丁度、サンフレッチェの試合と同じ時間・・・サンフレッチェのファンって言え

ません(>_<)映画の前にちょっとポワブリエールでお茶。サロンシネマの

近くなので久しぶりに行ってみました。アップルパイがぱりぱり過ぎて・・・
b0283986_1755433.jpg
観に来てる人は少しでした・・・。
b0283986_17562223.jpg
サロンシネマに行くと次はこれ!次はあれ!と観たくなる映画がいっぱいです。
b0283986_2310226.jpg
メルヘンチックな内装のサロンシネマ
b0283986_1756435.jpg
b0283986_23114614.jpg
シュタイデルさんの本を作る情熱はすごいものがある。本を出そうとするアーティストよりも、いや、それ以上にアーティストなのだと思った。こんなこだわりと情熱のあるシュタイデルさんが好きだ。やっぱりビル・カニンガムと似てる。
[PR]

by sachi5-B | 2013-12-09 08:19 | 映画 | Comments(0)
2013年 10月 22日

世界一美しい本を作る男

読書にしても映画にしても突然ブームがきて本ばっかり読んでいたり、映画

ばっかり見に行ったりする。最近は映画も楽しみにするものがなかったが観

たくて待ち遠しい映画があります。東京ではもう上映されたのに広島では

12月?「世界一美しい本を作る男」ゲルハルト・シュタイデル

b0283986_1761849.jpgドイツで写真集の出版に特に力をいれている小

さな出版社シュタイデル社の本に見せられた男、

ゲルハルト・シュタイデルのドキュメンタリー。

ドイツの本、文具、木製玩具などとっても素敵!

クリスマスマーケットでオーナメントの素敵なのを

みたり買ったりしてみたい!ドイツには私の好きなものが沢山ありそう!

この映画、なんだかビルカニンガムの映画と同じ匂いを感じる。

早く上映してください!サロンシネマさん!

家にある、ドイツもの。モンブランの万年筆、ボールペン、シュタイフのテディ

ーベアー、木製のクリスマスツリーのオーナメント、ドイツのCANTZ出版

(残念!シュタイデルじゃない!)のキースヘリングの画集
b0283986_7403784.jpg
そうだ!クリスマス関係のドイツ物を沢山持ってるんだった!ドイツ物、探

せばわが家には意外とある・・・。
[PR]

by sachi5-B | 2013-10-22 08:01 | 映画 | Comments(3)